改正FIT法 太陽光 福岡

経済産業省による「改正FIT法に関する直前説明会」が2月14日、福岡に先立って東京で行われました。
前回のコラムと多少重複しますが、数点説明された内容について書いていきます。
新認定制度「事業計画認定」


2012年7月に始まったFITですが、急激な規模の拡大により「太陽光に偏った導入」「国民負担の増大」「電力システム改革」といった課題が明白となってきました。事業計画認定の実施により、「未稼働案件の排除」「新たな未稼働案件の抑制」「適切な事業性の確保」といった事が進み、国民負担の軽減と適切なエネルギーミックスが実現するのではと期待しています。ただ、適切な保守&点検の実施や、発電事業者情報の公開関係法令の遵守(違反事業者には指導・改善命令・認定取消)などが盛り込まれますので、発電事業者様にとっては、今後の事業性の判断は更に綿密な計画が必要となってきますね。適切なEPC、O&M業者の選定をおすすめします!

主な認定審査基準は次項にて